woodyHomeLogo
最高のデッキ材料 レッドウッド
 

spacespace     レッドウッド・コースとウッド・カリフォルニアウッドと呼ばれ世界最大の樹木で我が国では「世界爺」という当て字も使われています。樹高60〜100mに達し直径3〜4.5m・・・時にはもっと大きくなります。世界最大のレッドウッドは樹高112mで伐採されたもの最高2200の年輪が数えられます。この属の名称はインディアンの古い呼び名からとったもので、ヨーロッパ人の来る前は大森林をなしていたと伝えられていますが現在はレッドウッドの森林は一部しか残っていません。原生林がいくつかの公園、及びレッドウッド国立公園に残されています。
オレゴン南西部からカリフォルニア中部にかけての太平洋岸の海岸から35マイルの地域で標高1000m以下の地域に分布します。辺材はほぼ白色であるが心材は明るいバラ色から濃いマホガニー色まで変化します。比重は比較的軽く気乾比重はオールドグローズで0.38〜0.40ヤンググローズでは0.34〜0.35です。強度及び硬度は中庸で一般に木埋は直通で加工しやすく膨張収縮は比較的小さく、心材部は腐朽に対する抵抗性が非常に大きい。
製材の生産はほとんどがカリフォルニアに限られていますが、市場は全米に広がっています。製材は建築用として使用されていますが再加工されてサイディング・サッシ・ドア・ブラインド・コンテナ等に使われています。耐久性が高いのでクーリングタワー・タンク・サイロ・木管・戸外用の家具などに適しています。農業用建物及び器具にも使われています。材は割裂しやすいので割材としてフェンスの板材料や柱に使うこともあり、レッドウッド生産地域では重要な用途です。合板表面材料として若干は単板の生産もあります。
ジャイアントセコイヤはかつて同じ属の樹木として「Sequoia Gigantea」と呼ばれていましたが現在は別な属として「Sequoia-Dron Giganteum」と名付けられています。これも世界最大の樹木の一つで標高80m直径6mあるいはそれ以上になりますが、シェラネパダ山脈の西斜面カリフォルニア中部に生息します。伐採された材では3200年の年輪を数えたものがあります。ジャイアントセコイアのほとんどはヨセミテ・キングキャニオンなどの国立公園で穂算され現在は製材の生産はありません。
 


ホーム
新築工事
デッキ工事
看板・サイン
家具・内装
リフォーム
ログホーム
会社案内
お問い合せ

woodyHomeFooter
ホーム | 新築工事 | デッキ、フェンス | 看板・サイン | 家具・内装 | リフォーム | ログホーム | 会社案内 | お問い合せ | リンク
aoki@woodyhome.jp